洗っても落ちない!世界最高水準のUVカット効果のある繊維を使用した紫外線対策ウエアのブランドがEPOCHAL(エポカル)です。

可視光線とは

 

可視光線とは、人間を服も動物に資格を与え、また植物の光合成をおこなっています。

太陽からくる光の種類

太陽からくる光の種類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可視光線は、太陽やそのほか様々な照明から発せられる。通常は、様々な波長の可視光線が

混ざった状態であり、この場合、光は白に近い色に見える。プリズムなどを用いて、可視光線を

その波長によって分離してみると、それぞれの波長の可視光線が、ヒトの目には異なった色を

持った光として認識されることがわかる。各波長の可視光線の色は、日本語では波長の短い側

から順に、紫、青紫、青、青緑、緑、黄緑、黄、黄赤(橙)、赤で、俗に七色といわれるが、これは

連続的な移り変わりであり、文化によって分類の仕方は異なる。波長ごとに色が順に移り変わる

こと、あるいはその色の並ぶ様を、スペクトルと呼ぶ。

もちろん、可視光線という区分は、あくまでヒトの視覚を主体とした分類である。紫外線領域の視

覚を持つ動物は多数ある(一部の昆虫類や鳥類など)。太陽光をスペクトル分解するとその多く

は可視光線であるが、これは偶然ではない。太陽光の多くを占める波長域がこの領域だったか

らこそ、人間の目がこの領域の光を捉えるように進化したと解釈できる。

可視光線は、通常はヒトの体に害はないが、強い可視光線が目に入ると網膜の火傷の危険性

がある。(ウィキペディアより)

 

動物は人間と違い、見え方が異なるということを聞いたことがあると思います。

http://karapaia.com/archives/52157469.html

人間バージョンと、動物バージョンの見え方が具体的に示してあるページです。

人間の錐体には3種類あり、それぞれ青、緑、赤色の光を認識することができます。
「光の3原色」とは、人間が3種類の色を認識することに基づいた考え方で、夜行性哺乳類には
2種類の感知しかできなく、人間とは違う色の世界が見えていることになります。

 

お問合せ TEL 048-467-3010 平日10:00~16:00(個人のお客様用) 土日祝日

PAGETOP
Copyright © EPOCHAL(エポカル) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.