赤ちゃんの紫外線対策とビタミンD

 

赤ちゃんの栄養を考えよう ビタミンD

紫外線による人への恩恵といえば、ビタミンDの生成です。

太陽紫外線に当たることでカルシウムの吸収が促進され、骨や歯の形成などの成長につな

がります。この成長に欠かせないビタミンDですが、人は食事と太陽紫外線から

得ています。しかし近年、妊産婦と乳幼児のビタミンD欠乏症増加が注目されて

いるのです。

 

新生児・乳幼児のビタミンD欠乏症が

成長にどのような影響を与えるのか・・

 

くる病や骨軟化症にみられる骨の異常と、低カルシウム血症による痙攣(けいれん)が

挙げられます。関節の変形や、運動発達の遅れも指摘されます※。

 

なぜビタミンDが欠乏するの??

 

ひとつには、妊婦のビタミンD不足によって新生児がビタミンD欠乏になるケース。

もうひとつには、完全母乳栄養で育てられている乳児がビタミンD欠乏になるケース。

これら2点が大きな要因として挙げられます。

 

妊婦さんが1日に摂取したいビタミンD

ビタミンDの量 

7.0です。妊娠していない成人女性の場合は5.5㎍なので、1.3必要となります。

授乳婦さんの1日に摂取したい目安量は8.0㎍です。ビタミンDの体内でのはたらきは、

カルシウムの吸収を促すだけではなく、免疫力の調整という重要な役割もあります。

ビタミンDは産後の身体の免疫力を調整するために欠かせないだけではなく、母乳を通し

て乳児にも与えられるため、産婦さんは一般成人女性と比べると1.5必要となります。

 

厚生労働省の調査(厚生労働省「平成20年 国民健康・栄養調査」)によると、20歳~

39歳の一般成人女性のビタミンD摂取量は、約5.0㎍前後と示されており、

もともと不足しがちな栄養素であることがわかります。

したがって妊産婦さんは、ビタミンDを意識した食生活を心掛けなければ母親も新生児も

ビタミンDが欠乏傾向になるでしょう。

 

母乳に関しては??

 

母乳にはビタミンDとKが足りません。母乳のビタミンD含有量は0.16~1.5μg/ℓ 0.6~3.0といわれており、1日に1ℓ以上飲まなければ基準量に達しません。

ただ、母乳中のビタミンDは乳児に吸収されやすいものですので、成長に支障がでるほどのビタミンD不足について、心配し過ぎることはないでしょう。

 

ビタミンD必要な量

 

 

母乳に含まれるビタミンDが少ないという見解について 

続きは、お問合せ下さい。
PDFにて資料をお送りします。

 

 

EPOCHAL保健室 増田友美

増田です!
スタッフの皆さんには、「トモミー=TOMOMY」と呼ばれています(^O^)/
看護師だったこと、養護教諭だったことから医学的なことを調べることまとめることは、とっても得意です♪
興味があることを伸ばすって言うのは、子供の教育でも、同じことが言えますよね~♪
わたしも、2人の子供の母です。
紫外線対策に興味があり、お子様のお肌のお悩みは一緒に解決していきたいと思っていますので、お気軽にお問合せ下さい❤

 

お問合せは、こちらからどうぞ ↓↓